本部落公告

預設內容
2016/05/31

新刊 陳來幸《近代中国の総商会制度: 繋がる華人の世界》

陳來幸

《近代中国の総商会制度
: 繋がる華人の世界》
 陳 來幸 (著)
単行本: 371頁
出版社: 京都大学学術出版会  (2016/3/9)
 
內容概要
近代中国における商会制度の変遷を、本国のみならず世界各地の中華総商会にも目を向け考察する書。1949年の社会主義的改造の結果、清末期に確立された商会は活動停止のやむなきに至ったが、海外で現在でも健在である。1990年代改革開放後の中国でも各地で再び商会が復活し、この華商ネットワークに参画するようになるが、商会法の新たな制定には至っていない。商会制度の変遷を理解することによって、中国経済の行方が予測可能となる。
 
目次
序章
1 商会制度の成立
第1章 清末民初の商会制度―原型素描
第2章 中華総商会ネットワークの起点とその展開
第3章 対米・対日ボイコット運動と辛亥前夜の神阪華商
第4章 中華民国の成立と中華総商会秩序の再編
2 商会と華人社会
第5章 長江デルタの商会と地域社会
第6章 広東における商人団体の再編―広州市商会の成立を中心に
第7章 海外中華総商会の機能と役割
終章
 
作者簡介
陳來幸,兵庫縣立大學經濟學部教授
研究領域:中国近代史、アジア経済史、日本華僑華人、在日台湾人
http://kyoin.u-hyogo.ac.jp/summary/econ/chenlaixing.html

相關網頁https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784876988952
 

 
繼續閱讀
2016/05/20

中央研究院人文社會科學講座:歐立德(Mark C. Elliott)「關於新清史的反省與回應」2016.05.25-27

Mark C. Elliott(歐立德)

【中央研究院人文社會科學講座】


講者:歐立德(Mark C. Elliott)教授/
Mark Schwartz Professor of Chinese and Inner Asian History,
Dept. of East Asian Languages and Civilizations and Dept. of History
Vice Provost for International Affairs, Harvard University  
美國哈佛大學國際事務副教務長/東亞系及歷史系合聘教授
國際馳名的歷史學家,為美國「新清史」的領軍人物。其主要的學術貢獻,在於利用滿文、蒙文等各種語言之史料,探索清代少數統治與族群身份的問題,並重新省視清帝國的性質及其在世界史中的意義。Elliott教授此次應邀來台,將舉行二場演講。

第一場
講題:“A Reflection and Response to the New Qing History”
             關於新清史的反省與回應
時間:2016年5月25日(週三)上午10:00 

第二場
講題:“The Imperial Turn and Its Meaning for Chinese History”
             帝國的轉向及其對中國歷史研究的意義
時間: 2016年5月27日(週五)上午10:00  

地      點:中央研究院歷史語言研究所 文物陳列館B1演講廳 
主辦單位:中央研究院歷史語言研究所
備      註:本講座以中文演講。

訊息來源:http://www2.ihp.sinica.edu.tw/bulletinDetail.php?TM=1&M=2&sM=1&C=99&bid=777
http://newsletter.sinica.edu.tw/news/read_news.php?nid=10090
 
繼續閱讀
1