首頁 »
2018/07/16

中研院東亞計畫與日本二松學舍大學合辦「東アジアにおける漢文文化の伝播と流通」」工作坊20180721


201807二松學舍東亞會


台湾中央研究院・二松學舍大学私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 共催
国際ワークショップ 「東アジアにおける漢文文化の伝播と流通」
 日時:2018年7月21日(土) 9:00-17:30
会場:二松學舍大学 九段校舎 1号館 2階 201教室
東京都千代田区三番町6-16
 
議程
9:10-10:00基調講演:「マリア・ルス号事件と漢詩」
佐藤保(学校法人二松學舍顧問)
Ⅰ東アジアの国際関係と漢学
10:00-10:30「江戸文学とドラマにおける台湾史一鄭成功から朱一貴まで」       藍弘岳(台國立交通大学副教授)
10:30-11:00「江戸時代における日本知識人のソーシャルネットワークと海外情報—木村蒹葭堂と森島中良を中心として」
劉序楓(台湾中央研究院人文社会科学研究中心研究員)
11:00-11:30「十八世紀における朝鮮文人の行経験と清国の物質文化の書写—白塔派の交遊と影響を中心に」
許怡齢(中國文化大學韓国語文學系 韓國學研究中心副教授)
11:30-12:00「幕末考証学者の業績とその中国における受容」
町泉寿郎(二松學舍大学文学部教授
Ⅱ仏教にみる東アジア文化交流
13:00-13:30「黄檗宗詩僧南源性派研究序説」
廖肇享(台湾中央研究院中国文哲研究所研究員)
13:30-14:00「幕末維新期における真宗僧の海外情報受容について
—松本白華・北方心泉を例として」
川邊雄大(二松學舍大学文学部講師)
14:00-14:30「布袋の変貌:『布袋物語』の考察」
陳継東(青山学院大学国際政治経済学部教授)
Ⅲ中国文化の日本への伝播
14:45-15:15「江戸時代における胡文煥く女訓書>の受容にについて」
林桂如(政治大学中国文学系助理教授)
15:15-15:45「『本草綱目』から『物類品』一平賀源内の本草思想研究序說」   張哲嘉(台湾中央研究院近代史研究所副研究員)
15:45-16:15「江戸時代における墨文化に関する中日交流一古梅園を中心にー」    王宝平(二松學舍大学文学部教授)
16:15-16:45「中国書画骨董の日本流入一衣笠豪谷の漢文体未刊日記を中心に一」   張明傑(慶応義塾大学講師·浙江工商大学特别招聘教授)
16:50-17:30総合討論
 


台師大藝術史所「真贋之間―文獻史學與美術史學的對話」工作坊2018.7.14←上一篇 │首頁│ 下一篇→中研院 2018年「使節‧海商‧僧侶:近世東亞文化意象傳衍過程中的中介人物」國際研討會