首頁 »
2017/07/08

命運九重奏「ゼロトケイ」織田かおり 歌詞




「ゼロトケイ」
作詞:日山尚  作曲・編曲:安瀬聖  歌:織田かおり
第1話未使用。
テレビアニメ『NORN9 ノルン+ノネット』エンディングテーマ

 
日文:
 
その手の中で光る埋(うず)もれた記憶に
導かれるまま見上げていた
旅立ちの空を
 
時は廻(まわ)る
繰り返しながら運命の輪を辿り
塞がれた未来 閉ざされた過去
永(なが)い冬を跳び越えて
 
終わる世界を刻んだ針は
零(ゼロ)を指しても止まることなく
無限の夜を数えつづけるよ
誰かの目覚めを優しく照らすため
 
詩声だけが残る透明な景色に
色を乗せるように花は咲いた
真実を隠して
 
時を騙す偽りの笑みが
運命の日を覗く
落ちる瞬間 響く旋律
願うことは ただひとつ
 
同じ世界に生まれた理由(わけ)が
もし別れでも この痛みでも
最後ならばもっと抱きしめて
誰かを求めた想いの亡骸を
 
冷たい文字盤に凍り付いた涙の跡
まだ解(ほど)けないけれど
 
終わる世界を刻んだ針の
絆はきっと途切れはしない
朝がくれば薄れる星々
空には確かに輝くように
 
いま現実(ここ)で出逢えた意味は
零(ゼロ)にならない永遠だから
自由になって春の陽だまりを
愛した誰かと探しにいきたいよ
 
羅馬:
 
sono te no naka de hikaru uzumoreta kioku ni
michibikareru mama miageteita
tabidachi no sora o
 
toki wa mawaru
kurikaeshinagara unmei no wa o tadori
fusagareta mirai tozasareta kako
nagai fuyu o tobikoete
 
owaru sekai o kizanda hari wa
zero o sashitemo tomaru koto naku
mugen no yoru o kazoetsudzukeru yo
dareka no mezame o yasashiku terasu tame
 
utagoe dake ga nokoru toumei na keshiki ni
iro o noseru you ni hana wa saita
shinjitsu o kakushite
 
toki o damasu itsuwari no emi ga
unmei no hi o nozoku
ochiru shunkan hibiku senritsu
negau koto wa tada hitotsu
 
onaji sekai ni umareta wake ga
moshi wakare demo kono itami demo
saigo naraba motto dakishimete
dareka o motometa omoi no nakigara o
 
tsumetai mojibanni kooritsuita namida no ato
mada hodo kenai keredo
 
owaru sekai o kizanda hari no
kizuna wa kitto togire wa shinai
asa ga kureba usureru hoshiboshi
sora niwa tashika ni kagayaku you ni
 
ima koko de deaeta imi wa
zero ni naranai eien dakara
jiyuu ni natte haru no hidamari o
aishita dareka to sagashi ni ikitai yo
 
中文:
 
被掩埋的記憶在手中發光
它引導著我一直仰望
啟程的天空
 
時間轉動
不停重複 抵達命運之輪
閉合的未來 封鎖的過去
飛越漫長的寒冬
 
預示著世界終結的時針
就算指向零 我也不會停止
即便是無限的夜晚  也會不斷數下去
為了溫柔地照醒他人
 
因詩歌之聲所殘留下透明的風景
就像是添上色彩的花朵盛開綻放
隱蔽著真實
 
欺騙之時那份虛偽的微笑
窺視著命運之日
落下的瞬間 響起的旋律
心中所求  只有一個
 
在相同的世界中活著的理由
如果是因離別 還是這份痛楚
因而至最後更加緊緊擁抱
尋求著誰那份思念的遺骸
 
在冰冷鐘錶上結冰而成淚水的痕跡
還無法就此解開來
 
預示著世界終結的時針
羈絆一定不會就此停下
即便來到早晨淡薄星星
在天空上仍會確實閃耀著光輝
 
現在於現實所相逢的意義
即便無法永恆指著零因此
是為了愛想與誰一起去尋找吧
成為自由春天有陽光照射地方




 

關鍵字: 風景 世界 地方

命運九重奏「カザキリ」やなぎなぎ 歌詞←上一篇 │首頁
本文引用網址: