首頁 »
2017/03/31

地獄少女三鼎「月華-tsukihana-」歌詞



月華-tsukihana-
作詞:北出菜奈 作曲:Velvet romica 編曲:根岸孝旨 歌:北出菜奈
TVアニメ「地獄少女 三鼎」OP

 


日文:

闇と玩(あそ)ぶ星たちへ
愛を唄い焼き尽くして
 
罰を灯しひなぎくの
夢に寄り添う爪の痕
 
唇から 唇へと伝い
その温もりは何処へ?
たどり着く宛は無いのに
 
貴方でなくちゃ満たせない
私じゃなきゃ許せなかった
だから私はこの脚で
立ち上がれてぞっとしたんだ
 
飼い殺しなら救われる
でも見事に鍵は外れて
私はまるで
鳥籠を欲している狂った小鳥
 
嘘を抱いた華
 
さめた指で見透かして
触れてだけど汚さないで
 
振り返ると一片(ひとひら)の
羽根が焦げつく荊道(いばらみち)
 
幻なら 幻を愛して
明日でさえ棄てられる
恐れる理由を教えて
 
貴方がなくちゃ生きられず
朽ちる夜を追い掛けたのは
私を全てその腕へ
奪いあげて欲しかったから
 
けど静寂に包まれる
規則的な卑しい鼓動
ふざけた部屋で
天罰を数えている 耳を塞いで
 
貴方でなくちゃ満たせない
私じゃなきゃ許せなかった
だから私はこの脚で
立ち上がれてぞっとしたんだ
 
飼い殺しなら救われる
でも見事に鍵は外れて
私はまるで
鳥籠を欲している狂った小鳥
 
嘘を抱いた華
 
羅馬:

yami to asobu hoshitachi e
ai o utai yakitsukushite
 
batsu o tomoshihinagiru no
yume ni yorisou tsume no ato
 
kuchibiru kara kuchibiru e to tsutai
sono nukumori wa doko e?
tadoritsuku ate wa nai no ni
 
anata de nakucha mitasenai
watashi ja nakya yurusenakatta
dakara watashi wa kono ashi de
tachiagarete zotto shita nda
 
kaigoroshi nara sukuwareru
demo migoto ni kagi wa hazurete
watashi wa maru de
torikago o hosshiteiru kurutta kotori
 
uso o daita hana
 
sameta yubi de misukashite
furete dakedo yogosanaide
 
furikaeru to hitotsura no
hane ga kogetsuku ibaramichi
 
maboroshi nara maboroshi o ai shite
asu de sae suterareru
osoreru riyuu o oshiete
 
anata ga nakucha ikirarezu
kuchiru yoru wa oikaketa no wa
watashi o subete sono ude e
ubaiagete hoshikatta kara
 
kedo seijaku ni tsutsumareru
kisokuteki na iyashii kodou
fuzaketa heya de
tenbatsu o kazoeteiru mimi o fusaide
 
anata de nakucha mitasenai
watashi ja nakya yurusenakatta
dakara watashi wa kono ashi de
tachiagarete zotto shita nda
 
kaigoroshi nara sukuwareru
demo migoto ni kagi wa hazurete
watashi wa maru de
torikago o yoku shiteiru kurutta kotori
 
uso o daita hana
 
中文:
 
與暗夜共舞的群星們
頌吟著愛燃燒殆盡
 
照亮了懲戒的稻火堆
是嵌如夢境的爪痕
 
從唇間傳遞的
那份溫情將去往何處?
分明連去向都無可適從
 
若非為卿 無以亂懷
若非是妾 無可原諒
妾但且憑 這雙纖足
戰戰兢兢 掙扎立起
 
死於卿之眷養 方得解救
出乎意料 枷鎖消弭無影
妾仿佛是 為可求著
一座鳥籠而陷入迷狂的幼鳥
 
以己身懷抱謊言的花兒
 
借冰涼的指尖看透
憑碰觸卻無法玷污
 
回眸一弊 已是一片
飛羽燃盡的荊棘之路
 
若是幻影 則與這幻影相戀
不惜捨棄明朝
告知妾呵須恐懼
 
若失去卿 無以為繼
拼命追逐 枯朽之夜
將妾所有 以卿之手
剝奪殆盡 此亦妾願
 
然規則中的卑微
將妾無聲包裹
在密閉之屋
細數著來自上天的懲罰 捂起雙耳
 
若非為卿 無以亂懷
若非是妾 無可原諒
妾但且憑 這雙纖足
戰戰兢兢 掙扎立起
 
死於卿之眷養 方得解救
出乎意料 枷鎖消弭無影
妾彷彿是 為可求著
一座鳥籠而陷入迷狂的幼鳥
 
以己身懷抱謊言的花兒
 
中文:TV

星辰在夜色中嬉戲 吟唱著歌謠
宣布愛情已燃燒殆盡
 
點亮夏季的純淨雛菊  帶著罪孽的陰影
變成噩夢中的爪痕
 
透過雙唇傳遞
這份令人心顫的溫存
何去何從 消失無影
雖然明知已經無路可去
 
如果沒有你 我永遠無法滿足
如果失去我 誰能將原諒奉獻給你
遍體鱗傷的我 只好撐起顫抖的雙腳
步步煎熬不願放棄
在籠中囚禁一生 直到死亡來臨
 
耽溺愛情的餵養 自由遙不可及
不是沒有鑰匙 是我親手翻然將它丟棄
我彷彿是隻鳥 瘋狂追尋鳥籠的鳥
束縛自己也葬送了你
 
擁抱謊言的花 幽幽在黑暗綻放




 

關鍵字: 黑暗 原諒 謊言

首頁│ 下一篇→地獄少女三鼎「いちぬけ」能登麻美子 歌詞
本文引用網址: